05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ研究してるが、悩みはつきない

今日、NTTから郵便物が来た。
とうとう7月1日から、オラのところも「光」が
やしープロバイダさがしたけど、価格comのところにたどり着く。
どうしよーーー

なやみは つきない

しばらく、がまんしてみようっと。

お金について思う事5

今の人はお金がかかる
だから、普通に生活していても、お金が足りなくなる。

今日の言いたい事は「便利」=「お金がかかる」
「これは便利」「これはオトク」という言葉がCMが流れるたびに聞こえてくる。
今回は「便利はいいことなのだろうか?」に重点をおきます。

携帯は便利。
インターネットは便利。
車は便利。
他にもたくさん便利な商品があります。
便利な事はいいことなのでしょうか?

私は「便利=出費がかさむ」と定義します。
無くてはならないもののように見えますが。
無くても死にません。
携帯は必要か?インターネットは必要か?車は?
便利の為に出費をしなければなりません。
この出費に収入はついてくるでしょうか。
収入が多い人が使うのは問題ありません。
収入以上に出費する必要がないと思います。

携帯があれば、彼女ができて、幸せになれる。
インターネットがあれば、知識の宝庫を手に入れたもの。
車があれば、バス、電車、タクシー代がかからない、

家族との連絡に、スマートフォンが必要だろうか。
就職活動に光通信環境がひつようだろうか。
シーマに乗れば、未来の嫁さんがちゃっちゃどできるのだろうか。

便利=人をダメにする という人もいます。
よくいわれる「歩ける人に車いすはいならい」です。

お金について思う事4

マルサの女

最後に脱税犯「権藤英樹」(山崎努)がつかまるとき、捜査官に語る内容。
「貧乏な人は、コップに少しでも水がたまると、喉が渇くとゴクゴクと飲んでしまう。
お金持ちは、のどが乾いてもあふれるまでじっと我慢して、あふれた水をコップの横からなめるんだ。」
お金をためるこつがここにあると思います。
ためすぎて、権藤のように脱税しないように。
犯罪です。

お金について思う事3


「1000円札は拾うな」
これは本のタイトルです。気になる名前で見た事があると思います。
内容をばらすと著者に悪いので、詳しく書きません。
1000円を見つけたら、一目散に駆けつけて拾います。
そのあとあなたはどうなる?
そんなことから始まる内容ですが、仕事ができる人になるビジネス書です。
でもお金とのつきあいかたもしっかり書かれています。「贅沢の基準はだれがきめるのか」がわかるとお金のもうけかた、使い方、そして人生が変わると確信します。
 この本の表紙に書かれてる一言で今日は終わります。
「残業をやめれば、給料は増える」
考え方を変えるとこんな事がいえるんですね。

theme : 田舎暮らし
genre : 日記

ハッピーな生活って何?

このタイトルを考えているうちにたどり着いてきたのが、お金の話。

お金をいっぱい持っていると幸せじゃん。
いや、持っているだけでは、幸せとはいえない。
欲しいものを沢山もっていると幸せだろう。
いや、たとえばゲームを沢山もっていたら、それで幸せか。
Macが100台あれば幸せか?
自分の周りとの人間関係がうまくないと不幸ではないか。
人間関係がうまくイクということは、自分の行動や発言がまわりに良い影響を与えないといけない。
つまり、体や心にゆとりがあればいい。
へば、ゆとりがあるということになれば、いいのだな。

ゆとりを作るためには、懐にゆとりが無いとね。
ゆっくり休む事も、楽しむ事もできない。
やっぱり、お金ぢゃん!!

でも、お金が少ししかなくても、幸せそうに見える家庭があるぞ。
いや、同じ会社の同じ年齢なのに、片方が幸せそうで、もう片方は大変そうだ。
収入が少なくても、お金に悩まない暮らしが幸せかも。
そんな人とはどんな生活?
ここで、お金とつきあう事をまじめに考えだしたのです。

お金について思う事2

金曜日の客と月曜日の客

ラジオ番組で銀行員の人の話。
銀行にお金を借りにくる人がいたとします。
いろいろその人の話を聞いたり、生活状況を調べてお金を貸す訳です。
そのときに考えるのは、この客は月曜日の客か金曜日の客かということだそうです。
月曜日の客というのは、土曜日、日曜日と遊びすぎて、これからの生活に困ってしまった人です。金曜日の客というのは、これから週末を楽しむために借りにきた人です。
 後の人が計画的に借りにきた事がわかります。
 計画的に借りる人は、計画的に返済できるので、安心して貸す事ができる訳です。
あなたは何曜日の人ですか?

お金について思う頃

このごろお金についていろいろ考えています。
「まさるこは、給料えっぴゃだがら、なんでも欲しいもの買えでえなー」
「奥さんは仕事しにゃたたて、大丈夫なべた」
「じさまどばさま、えっぴゃ年金あるがら、なんぼ金ためでらべ」
確かに役所で50代は給料が高いほうだ。
しかし、年々苦しい生活が続いてる。
なんでも買ってるつもりはない。貯金もそれほど余裕が無い。
年寄りの年金は生活費用で余裕がないようだ。

みんなからみてる生活と、自分が感じてる生活のギャップはなんだろう?

確かに、数年で車を変え、欲しい者をバンバン買っている人がいる。
逆に借金だらけで、毎月赤字と戦ってる人がいる。
どちらもほぼ同年代だ。

同じ額の給料で、悠々と暮らしている人と、ピーピー叫びながら暮らしている人がいる。

いろいろ調べてみた。
だんだんといろんな違いが見えてきた。
おもしろい!

まとめて本を書けば、儲かるかも
それまで、ぼちぼちここで紹介していきます。

その1(天引きを活用せよ)
まず最初はテレビのCMにあったやつ。
A「10万円の生活費をやるから、2万円ずつ貯金しなさい!」
B「無理です」
A『8万円の生活費をやるから、それで暮らしなさい」
B「はい!なんとかやってみます」

悠々としているやつは後の方法をとっているやつが多い。
つまり、給料日に自分の手元に8万円出る様にしている。
天引きの仕組みを利用して、銀行にあらかじめ2万円給料から引かれている。
8万円で1ヶ月の生活をがんばるわけだ。
8万円と10万円で暮らすのと、どえだけ差があるだろう?
1回くらい食事で贅沢すれば、すぐに1万円や2万円は使ってしまう。

でも、2万円ずつ貯金してるやつと、何も貯金してないやつとの差はものすごい。
1年後は24万円の買い物ができるぞ!

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。