08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっこわるい

なにがかっこ悪いかって、悪いことは人のせいにする態度。
きらいな、○○がいるから、職場(学校)にいきたくない。
××先生の教えがわるいから、成績がのびない。
○○コーチだから、大会に勝てない。
そういう自分は、なんぼのもんだ。

○○さんが、あんなこというから、私は恥をかいた。
××さんがいるから、こんな失敗がおきるんだ。
そんな、かっこわるい考えが蔓延してるから、こんな発言も出る。

こんなことになったのは、誰のせいだ!
世の中、真犯人探しにやっき。
おかしい。
真犯人が見つかれば、それで終わりか?
解決するのか?
するわけない!

「こんなことになった」原因(スタート)が真犯人としても、
結果(経過)の原因は真犯人だけでなく、その周りにある。

大事なのは、「誰が犯人か」でなく「何が起きたのか(どうしたのか、どうなっているのか)」だ。

だから
某国のように首相が責任とってやめても、何も変わらない。
首相が原因だとしても、それをカバーしない回りにはそれ以上の
責任があるはず。そこをだれも指摘してない。

なんてかっこわるい状況だ。

『かっこわるい』を読んで

『大事なのは、「誰が犯人か」でなく「何が起きたのか(どうしたのか、どうなっているのか)」だ。』
  この言葉とダブりました。
NHKアニメ「もしドラ」に出てくる言葉。
うまくいっている組織のボスは、何が正しいかだけを考え、誰が正しいかを考えない。
 ガラパゴスのイグアナの様な閉ざされた社会では、善悪よりもその中の人づきあいが優先されるのでは?

マネジメント

 「何度失敗してもチャレンジする姿はすばらしい」という言葉は、新聞やテレビでいわないのはなぜだろう?
 もしドラだって、失敗したから今があるという話なのだ。
いい上司(先生)は失敗があったとき、このように聞くといいそうです。
失敗してはいけない社会(人物像)をめざすから、おかしく見えるのです。失敗しながら成長するのが人間の姿。一回の失敗が人生を狂わすなんて話はドラマの中だけにしてほしい。
 うまくいかないのは○○の責任と人を攻める努力ばかり、社会が必要としていることに努力してるのが見えない。

 がんばるところがちがう。
Secret

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。